オルニチン 腸内細菌

オルニチンって腸内細菌に良い効果あり?

便秘

 

間接的に便秘の解消をサポート!

 

オルニチンは健康やダイエットなどに効果が期待できる栄養素として注目を集めています。
この栄養素は便秘の解消にも役立つという話を聞いたことがあるかもしれません。

 

本当にオルニチンが効果を発揮してくれるのか気になっている人もいるでしょう。

 

しかし、直接的に便秘に作用するわけではありませんし、
肝臓の機能を高めることで間接的に便秘の解消をサポートしてくれるということです。

 

一口に便秘といってもさまざまな原因がありますし、その原因に合わせて運動を行ったり、
食事を見直したりして腸内細菌のバランスを整えることが大切です。

 

 

肝臓機能の低下で便秘になってしまうこともある?!

 

肝臓と便秘の関係についてはあまり知られていないかもしれませんが、
実は肝臓の機能が低下することで便秘になってしまうことがあります。

 

肝臓は食べ過ぎや飲みすぎ、ストレスなどの原因で弱ってしまうのですが、
それによって肝臓の解毒作用が低下してしまうことが分かっています。

 

解毒作用が低下すると体内のアンモニアなどの有害物質を上手く無毒化することができなくなりますし、
腸内の悪玉菌が活発になってしまうので便秘の原因になってしまうということです。

 

オルニチンによって肝臓の機能を高めれば腸内環境を改善することもできますし、便秘の解消に繋がるでしょう。

 

ちなみに、便秘にはいろいろな原因がありますし、オルニチンを摂取しただけではあまり効果を期待できないこともあります。

 

適度な運動やバランスのとれた食生活を心がけましょう。