オルニチン 成長ホルモン

オルニチンって成長ホルモン分泌に効果的なの?

成長ホルモン

 

肝臓と成長ホルモンは深く関わっている!?

 

私たちの体が成長したり、疲れなどのダメージが回復されていくのは、
成長ホルモンが分泌されているためです。

 

成長ホルモンと聞くと、成長時にある思春期や若い人だけのものと思う人もいるかもしれません。

 

ですがこのホルモンは、量に差こそあれ、老若男女問わずすべての人に分泌されているホルモンです。

 

成長ホルモンが最も多く分泌されるのは睡眠時です。
よって毎日、規則正しい生活習慣を心がけ、また質の良い睡眠をとることが大切です。

 

そしてオルニチンですが、これは肝臓の働きを助ける作用があるとされている成分です。
肝臓は、体内の有毒な物質、更にアルコールや薬などを無毒化する役割を担っている、非常に重要な臓器です。

 

更に肝臓では、成長ホルモンの分泌に深く関わっている物質が作られています。
この物質を調べることは成長ホルモンの分泌量を調べる上での、ひとつの指標となっているくらいです。

 

そのためオルニチンを摂取することで肝臓の機能が助けられることは、この物質の生成が助けられ、
それがひいては成長ホルモンの分泌の促進にもつながると言われています。

 

 

成長ホルモンが不足すると疲れやすくなる!

 

成長ホルモンの分泌量が不足していると、健康的な体作りに対しての支障が出やすくなります。

 

また体のあらゆる部分に対するダメージが残りやすくなったり、
疲れやすい、疲れがとれにくいと言うことも多くなってきます。

 

疲れに関しては、肝臓の機能が低下していることでも引き起こされやすくなります。
ですがオルニチンは、その両方への働きかけが期待できる成分として、とても頼りになります。