オルニチン 肝臓 回復

オルニチンで肝臓は回復するの?

アルコール

 

肝臓に溜まった毒素を排出する効果がある!?

 

オルニチンは肝臓で存在するアミノ酸で、人の体内に存在している成分で遊離アミノ酸と同じ種種です。
有害物質のアンモニア解毒を体内から排出する働きがあります。

 

シジミやマグロなどの魚類に多く含まれています。
特にシジミはずば抜けて多く含まれています。

 

オルニチンは睡眠不足、食べ過ぎ、飲み過ぎでストレスを与え、弱った肝臓を元気にする効果があります。

 

特に一番関心があるのは、肝臓に溜まった毒素を排出することです。

 

タバコ、外食ばかりの食生活、お酒の飲み過ぎ、健康を脅かす有害物質の放出などで
肝臓の機能は衰えて毒素がどんどん体内に溜まってきます。

 

そのような時にオルニチンを取り入れると溜まった毒素を排出してくれます。

 

 

その他にも色々な効果が期待出来る!

 

肝機能が回復すると、色々いい事があります。

 

エネルギーの生成を邪魔をするアンモニアを素早く排出する事により生命力が高まり、
疲労が溜まりにくくなり、精神的ストレスを軽くします。

 

高齢者にオルニチンを摂取したら 肝機能は蘇り、健康な身体に回復しました。

 

オルニチンの1日の摂取量は、約400mg〜1000mgです。
代表的なシジミで換算すると約1000個分になります。

 

食品から摂取するのは無理な話しです。
サプリメントをうまく取り入れれば無理なく摂取することができます。

 

飲むタイミングは、血糖値が上る前の空腹時に飲むと肝機能の回復がアップします。

 

肝機能の回復がアップするからと言って大量に摂取するのはよくありません。
大量に摂取すると副作用として、下痢や腹痛を起こしてしまいます。